墓じまいが増えている理由と時代の流れには少子化が関係ある

お墓の掃除

墓じまいをする意味

霊柩車

墓じまいという言葉が各メディアでも多くとり上げられるようになってきましたが、その背景には墓じまいをする方が多くなってきたという背景があります。では、墓じまいとは一体何なのかというと、墓をしまうという言葉通り、先祖代々続く墓を処分してしまい、遺骨を散骨したり公営墓地などへ改葬したりすることを言います。
今までは墓というと、家ごとに代々守られていくのが一般的でしたが、現在ではそれが崩れつつあるようです。しかし、なぜそのような状況に陥っているのでしょうか。その理由について見ていきます。現在、墓じまいが増えている理由、それは少子高齢化によって後継者がいなくなることが代表的と言われています。従来では親の数よりも子の数のほうが多いことが多かったものですが、今では子供が一人しかいないという家庭も少なくありません。
子供の数か少なくなれば、それだけ実家に残って墓を守ることができる後継者も少なくなってしまいますから、結果的に墓を管理できなくなってしまい、墓じまいをするということが多いと言われています。また、墓じまいとは墓を処分するという意味だけではなく、移動させるという意味も持っています。その為、上京と同時に地方から墓を移動させるというケースも多く、これも墓じまいが増えている理由の一つです。

menu