墓じまいが増えている理由と時代の流れには少子化が関係ある

お墓の掃除

墓じまいについて迫る

お墓

墓じまいとは、廃墓とも言われ、お墓を撤去または解体することを指します。少子化などが原因で、お墓を守っていく人がおらず、またお墓参りをする人が、みな遠方に暮らすようになってしまった場合などに行われます。墓じまいを行う際には、まず今お墓がある寺院や霊園に対する手続きが必要です。その際に、離檀料などとして高額な請求を受けるなどのトラブルに発展してしまうこともありますので、注意が必要です。困った場合は、弁護士に相談してみるとよいでしょう。
墓石は、ご先祖たちの名前などが刻まれたものですので、そのまま処分というわけにはいきません。しかるべき供養を行い処分をすることになります。この墓石の処分の段階でも、トラブルに巻き込まれる場合があります。例えば、石材店とお墓の管理者などが裏で手を組んでいる場合などです。
料金が適切であるか確認が必要です。墓じまいには、墓地、埋葬等に関する法律に従い、行政機関への手続きも必要です。墓じまいは、親族みなにとって大切なことですので、事前によく話し合ってから行うことが大切です。最近では、このようにトラブルも多く手続きが複雑な墓じまいを助けてくれる業者もあります。もし墓じまいをすることについて不安があるなら、専門家の助けをかりるのもよいでしょう。

menu