墓じまいが増えている理由と時代の流れには少子化が関係ある

お墓の掃除

墓じまいをするまでの流れ

地方から東京へ上京してきた方などは、なかなかお墓を管理しに行く機会にも恵まれず、墓じまいを検討している方も多いのではないでしょうか。けれども、実際にするとなるとお金もかかるでしょうし、なによりも親戚との間でいざこざが起きてしまうかもしれませんから、なかなか決断が難しいことでしょう。そんな考えがまとまらない時には、一度墓じまいがどのように行われているかを確認しておくことが大切です。
では、一体どのように行われているのか見ていきましょう。墓じまいとは、実は1種類ではなく、何種類も存在しています。大別すると、一つは墓そのものを処分してしまって、遺骨は散骨したり手元供養にする方法、もう一つは墓を移動させる、所謂改葬する方法です。まずは、墓を処分した後、遺骨をどうするかを上記の方法の中から決めます。そして、それを元に親戚内で話し合い、しっかりと理解を得ましょう。
問題がなければ、次は現在使っている墓地の管理者に問い合わせ、墓じまいすることを伝えます。その後、市区町村に改葬許可申請をし、次に墓を移動させるための専門業者をどこに依頼するか決めておきます。費用などはどこに墓があるか、どこに移すかによって異なってきますが、専門業者を決めた後はもう面倒な書面での手続きはありません。一般的には、このようにして墓じまいが行われます。

墓じまいが増えている理由

墓じまいとは、お墓を解体・撤去して、墓地を更地に戻すことです。実は、この墓じまいをする人は、年々増えてきています。では、墓じまいが増えていることには、どんな理由があるのでしょうか。まずひとつは、墓参りに行くのが難しくなってきたということです。これは、高齢化が進んできたことが原因です。
高齢者にとっては、お墓までの移動は、なかなか辛いものです。移動の前の準備で、すでに疲れてしまうこともあります。また、お墓が建てられるのは、山奥や足場の悪い場所も多いため、足腰が弱ってくると危険も多くなります。もうひとつは、後継者がいないという問題です。こちらは、少子化の影響が強いです。お墓があっても、管理する人がいなければ、無縁墓になってしまいます。
親族の子供が女性しかいないという場合も、後継者がいなくなる可能性は高くなります。後継者不足のために無縁墓をつくるくらいなら、墓じまいをして永大供養にした方がよいと考える人は多いのです。そして、費用の問題もあります。墓参りにしても清掃にしても、お墓を管理するには費用がかかります。これが年間になると、かなりの負担になってしまうのです。そのため、金銭的な理由から、やむを得ず墓じまいをするという人も増えています。墓じまいをするのは、これらのどれかひとつではなく、複数の理由が重なっている場合が多いのです。

墓じまいといわれている行為

墓じまいとは墓を終えてしまう行為になります。受け継いでくれる人がいるのであれば維持しようとする人も多いのでしょうが、そんな人ばかりとは限らないのです。もう子供もいないとかそうした理由で墓を終えてしまう、ということを意識している人が増加中です。これはある意味では、終活の一つといえるでしょう。この墓じまいというのが最近になって流行しているのでどんなことか、ということは知っておきましょう。
簡単にいいますと、つまりは、墓を撤去して更地にする、ということです。これには費用がかかることになります。墓じまいの撤去費用として十数万円程度は覚悟しておくのが基本です。場墓じまいに関しては、まずは遺骨をどうするのか、というのもかなり重要なポイントになります。
そもそもその手の役所の手続きをクリアする必要もありますから、その後、どうすることになっているのか、許可は出ているのか、ということを見る必要性があるわけです。ですから、なかなか大変ではあるのですが、もう墓を手放したい、という人にはやるほかないといえることでもあるのです。費用もかかりますし、手間もかかりますが、それでも魅力的な行為とみている人も多くなっているわけです。

menu